BLOG

ブログ

昨年の忘年会から新年を迎えての新年会、正月は親戚同士で集まって宴会など、お正月は美味しいご馳走やお酒を飲む時期でもあります。一方で家にいることも多いので、身体を動かすことも少なくなります。そんな楽しい時間を過ごした後、1月中旬頃になって気になるのが「正月太り」ですよね。今回はそんな正月太りをリセットして、春までにダイエットを成功させる方法をご紹介していきます!より理想のボディラインを目指している方は、記事内容をぜひご参考ください。

 

【習慣的な有酸素運動画が高果的】

正月太りはご馳走を食べすぎたりお酒を飲みすぎてもなりやすくなりますが、お正月期間の運動不足も原因のひとつです。なので、毎日の生活のちょっとした運動を取り入れて、ダイエットにつなげていく方法がおすすめです!

大事なのは「続けること」です。ハードなトレーニングだと辛くなり続けることが難しくなってしまうので、まずは無理のない範囲で続けられる運動を取り入れてみてください。おすすめなのは「ウォーキング」です。

毎日の通勤や買い物をする際、いつもよりもちょっと遠回りをする、ひと駅分多く歩くなど、普段より長く歩くことを心がけてみてください。1日20~30分ウォーキングをすると脂肪も燃焼されやすくなり、ダイエット効果が期待できます。20分くらいなら、無理のない範囲で続けられますよね♪

さらに、正しいフォームでウォーキングを行うことで、綺麗な姿勢を身につけることができます。ウォーキングをする際はポイントがいくつかあります。

① 顎を引いて背筋を伸ばし、目線は前方15センチ先を意識する。
② 着地はかかとからつま先へ。踏み出す時は足の指の付け根部分で地面を蹴るようなイメージで行いましょう。この時、ひざが曲がりすぎないように注意です。
③ 歩いている最中は、腰が上下に動かないよう、下腹部に力を入れます。「腰から歩く」イメージで行うと、自然と綺麗な姿勢となります。

毎日のウォーキングの参考にしてみてくださいね。

【正月太りに効果的な食生活でダイエット】

食生活では痩せやすい食事を摂ることと、太りやすい食事は避けることが大事です。

痩せやすい食生活として、たんぱく質を取り入れるのがおすすめです。たんぱく質は腹持ちも良くなりますし、代謝を高めて痩せやすい体質に近づけることが可能です。朝食に納豆や卵を取り入れて、サラダなどでビタミンを補給するのも良いですし、プロテインを飲むのも良い方法です。

逆に減らすべきものは「糖質」です。今の食生活を振り返ってみて、パン類や麺類、お菓子などを食べることが多い方は食べるのを控えるか、量を減らしてみてください。お菓子などは、糖質だけではなくカロリーも高いのでダイエット中は控えるようにしましょう!

【ダイエットで美ボディになりたいなら、本格的なジム通いもおすすめ!】

ダイエットは体重を減らすことが目的ですが、できればダイエットを通じてより綺麗な体のラインを手に入れたいですよね。そんな方におすすめなのが、ジムでダイエットを行うこと!自分でウォーキングや筋トレをしながらダイエットをすることもできますが、プロのパーソナルトレーナーがいるジムなら、よりご自身に合ったダイエット方法や筋トレ方法を実践できます。

名古屋市天白区にあるゴールデンディズフィットネスなら、平針、原、植田駅から血悪、プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンでお客様に合ったトレーニング方法やダイエット方法をご提案できます。確かな効果が期待できる方法を実践できるので、短期間で効果を実感しやすいですし、ひとりで続けるよりもモチベーションも高まり、楽しく続けられます。正月太りのリセットやダイエット、綺麗な体型をより維持したいという方は、ぜひパーソナルトレーニングも検討してみてくださいね。

【正月太りは、正しいダイエットをすれば短期間でリセットできる!】

正月太りは、時期と原因がはっきりしているので、ダイエットの対策が練りやすく、通常のダイエットに比べてリセットしやすいといわれています。お正月に食べすぎたり、飲みすぎたものが、突然脂肪に変わるわけではないので、早く対処すればすぐに効果を実感できるでしょう。

ですが、正月気分そのままで運動もせずに過ごしていると、脂肪がつきやすくなるので注意です。1月の上旬はついダラダラしてしまうかもしれませんが、正月太りをリセットするのは、40代、50代と年齢が高くなるにしたがって難しくなっていきます。正月に食べすぎたと思っている方は、早い段階から食生活を切り替えたり、ウォーキングなどの有酸素運動を心がけてください。

ウォーキングは歩数をカウントできるアプリなどを活用すれば、モチベーションも上がって楽しく取り組めますよ♪自分に合った方法を試して、今年の春までには正月太りを解消して、綺麗なボディラインをキープしていきましょう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。